メインイメージ

ブログ

【レバーハンドル交換】ドアノブやドアハンドルやの修理・取替なら、阿倍野区のクリーンテックサービスへ(扉取っ手、壊れた、故障、不具合、トイレ:大阪府豊中市 賃貸物件)

WCレバーハンドル取替工事

ドアハンドル不具合や故障の原因

ドアハンドルの不具合や故障には大きく6つあります!
どんな現象があり、どういうことが原因なのかを
説明していきたいと思います。


1. ハンドルやラッチがぐらつく・ゆるみがある

ノブやレバーハンドル、ラッチなどがぐらつく場合は、
ビスのゆるみが主な原因です。

ハンドル部分の場合、座から外れそうな状態か
丸座などがドアから外れそうになっているか
などをチェックしてみましょう。

※ラッチとは、
 ドア・門・窓などの掛け金やかんぬきのこと。

2.レバーハンドルが下がったままになる

レバーハンドルが下がったまま、
水平に戻らなくなる場合は、
ビスのゆるみが原因となっている可能性があります。

3.ドアノブが硬い/動かない

ドアノブが「硬くて動きにくい」「まったく動かない
といった症状が起きることがあります。
この症状が起こる原因の一つは、
長年蓄積したホコリや汚れです。

4.ドアノブが空回りする

ドアノブに手応えがなく、
空転してしまう場合があります。

これは、錠ケース内の金属が折れているなど、
大きな故障が原因となっている可能性が高いです。

5.ドアが閉まりにくい

よくある問題の一つが、ドアが閉まりにくい症状です。
これは、ドアがフレームに当たっていたり
ラッチの動きが悪いことが主な原因となります。

原因を探るためには、まずドアを開けた状態で
ラッチの動きを確認してみましょう

ラッチに問題がある場合、
ラッチを交換するだけで症状が改善されます。

一方、ラッチに問題が見つからず、
ドアがフレームに当たっている場合は、
建て付けの問題です。

この場合、丁番に問題がある、
住宅そのものが傾いているといった可能性があります。

6.ビス穴に問題がある

どのようなトラブルにおいても、
長年使用しているドアやドアノブの場合、
経年劣化でビス穴が使い物にならなくなる
ことがあります。

これは、経年とともにビス穴が大きくなり、
締め直してもすぐにゆるんでしまうために
起こるものです。

状態次第では交換したほうがよい場合もあります。

ご相談・調査・お見積り無料!!

ドアノブやレバーハンドル、扉取っ手に
不具合があってお困りの方、交換・取替をお考えの方、
修理や交換のどちらの場合でも対応いたします。

お見積りは無料ですので、
お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

該当のサービスはこちら▼
ちょこっとサービス(取付・交換サービス)

ドアノブ」に関する施工事例は【こちら

お困りごとは
当社へご相談ください!

クリーンテックサービスは、
リフォーム・リノベーションのプロ集団です!

自社で物件を管理しており、
戸建・マンション問わず、
お住まいのあらゆるお悩みにお応えできます。

キッチン、バスルーム、トイレ、設備交換、
マンション、戸建て、ビル、
店舗等の内装から外装まで
お客さまの気持ちに寄り添った
ご提案をいたします。

株式会社クリーンテックサービス

〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5丁目2番30号
ライズワン阿倍野 2F

SNSフォローお願いします

お問合わせ

CONTACT

お問合わせ

診断無料!

\ 相談・調査・お見積り無料! /

\ Webで24時間受付中 /

\ お電話でのお問合わせの方はこちら /

受付時間:9:00〜18:00 日曜定休

イメージイラスト

イメージイラスト

クリーンテックサービス

〒545-0021

大阪府阿倍野区阪南町5-2-30

ライズワン阿倍野2F

〒545-0021

大阪府阿倍野区阪南町5-2-30

ライズワン阿倍野2F