メインイメージ

ブログ

【外壁補修】屋上パラペット板金コーキング補修(シーリング補修、サイディングボード:大阪市此花区 戸建て)

板金コーキング補修

シーリングの寿命

サイディングボード(外壁材)の隙間は
シーリング(コーキング)という
ゴム状のもので埋まっており、
誰でも見たことがあると思います。

シーリングの打ち替え時期は
10年が目安になります。

シーリングの経年劣化が進むことで
雨水は建物内に侵入してしまいます。

コーキングは外壁よりも劣化スピードが早い為、
雨漏りして初めてその劣化に気づくケースも多いです。
建物自体の寿命を縮めてしまいますので、
シーリングの張り替えはかならず行いましょう。

そして、シーリングの一番の注意点は
シーリング専門の職人が丁寧に行わないと、
仕上がりも品質も良くないということがあります。

シーリングの役割

パネルとパネルの間には隙間があるため
そこにコーキング材をつめて、
外壁から水や汚れが侵入しないようにします。

そして、地震等の揺れで外壁にヒビが入らないように
衝撃を吸収してくれる役割がシーリングにはあります。

シーリングはその他にも、
壁の補修材としても広い用途で使われます。

シーリング(コーキング)補修の種類

打ち替え古いシーリングを撤去し、新しいものを打ち込みます。外壁塗装工事などでシーリング補修をする時は、基本的には打ち替えがおすすめです。
古いシーリング材を撤去して中身を新品にするため、耐久性も良くなるからです。
外壁の目地の隙間をしっかり埋めて、防水性や柔軟性を確保できます。
増し打ち古いシーリングはそのままで、上に新しいものを追加します。傷んで固くなったシーリングを修復できるわけではありません。
表面だけ塗り重ねても、内側の古いシーリングはまたヒビ割れたり、隙間ができたりする恐れがあります。また、古いシーリングと新しいシーリングがうまく馴染まず、剥がれてしまうこともあります。

上記のことから、打ち替えは、
増し打ちよりも手間・費用はかかりますが、
建材のメンテナンスには打ち替えの方がベストです。

ご相談・調査・お見積り無料

外壁やベランダの隙間のシーリング(コーキング)、
部分補修だけでも気になる方、
費用がどれくらいか知りたい方は、
お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

該当のサービスはこちら ▼
屋根の補修(コーキング補修)
シーリング」に関する施工事例は【こちら

お困りごとは
当社へご相談ください!

クリーンテックサービスは、
リフォーム・リノベーションのプロ集団です!

自社で物件を管理しており、
戸建・マンション問わず、
お住まいのあらゆるお悩みにお応えできます。

キッチン、バスルーム、トイレ、設備交換、
マンション、戸建て、ビル、
店舗等の内装から外装まで
お客さまの気持ちに寄り添った
ご提案をいたします。

株式会社クリーンテックサービス

〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5丁目2番30号
ライズワン阿倍野 2F

SNSフォローお願いします

お問合わせ

CONTACT

お問合わせ

診断無料!

\ 相談・調査・お見積り無料! /

\ Webで24時間受付中 /

\ お電話でのお問合わせの方はこちら /

受付時間:9:00〜18:00 日曜定休

イメージイラスト

イメージイラスト

クリーンテックサービス

〒545-0021

大阪府阿倍野区阪南町5-2-30

ライズワン阿倍野2F

〒545-0021

大阪府阿倍野区阪南町5-2-30

ライズワン阿倍野2F